イタバシ株式会社は、東京・栃木の給油所、車買取・販売、レンタカー、鈑金修理など豊かなカーライフをお手伝いします。

営業時間 8:30〜17:30 定休日 土日祝日

イタバシ株式会社

ホーム会社案内 > 沿革

会社案内

イタバシのあゆみ

昭和48年 本社と弁天町SS創業社長である板橋幸二は、第二次世界大戦当時「石油配給公団」に所属し、潤滑油販売の担当でした。終戦後、公団解団も間近に迫った1945年(昭和20年)に、現在の本社所在地である早稲田の地で、親戚の支援も受け「スレートなどの建材」を扱う商いを始めました。当時は東京都内一面が焼け野原の状態でした。板橋幸二は栃木県出身でしたが、早稲田大学に通学していたので、この創業の場所に土地感があり、石油業への地固めをしていきました。
1949年(昭和24年)、公団解団と同時に「石油販売業の登録」の許可を取得。許可に必要な貯蔵タンクをご近所の「末商会様」に貸していただくことができ、これが当社の石油販売の始まりであります。
潤滑油が専門であったこともあり、昭和シェル石油(当時は昭和石油)と共同で「絶縁油」を開発したことから、日立製作所様や同系の日産自動車様とお取引始まり、古河グループ様とは、アルミの圧延油を共同開発出来たことが現在に繋がっております。
このように、創業当時から、工業用の直需を主体にやって来た当社でありますが、モータリゼーションの動きに合わせて、ガソリンスタンドにも力を入れるようになって参りました。また、「配送」「貯蔵」という分野を固めて、お客様への供給に抜かりのないように進めてまいりました。
現在は、本社所在地の「東京都」と栃木支店所在地の「栃木県小山市」を中心に、主として関東地区に拠点を置き、ガソリンスタンドなどのリテール部門と共に、保険・整備・鈑金・車販売・レンタカー・太陽光発電などの分野にも力を入れております。

昭和47年 栃木SSこのように私達の歴史を振り返ると「いろいろな時代に、いろいろな方々に巡り合え、ご指導とご支援を頂けたことで今のイタバシがある」と感謝の気持ちを感じずにはいられません。

沿革

1945(昭和20年)
11月
創業
1948(昭和23年)
5月
創立 (株式会社板橋商店)
1949(昭和24年)
1月
昭和石油株式会社特約店指定(現・昭和シェル石油)
1953(昭和28年)
4月
SS1号店となる本社SS開設(現・弁天町SS)
1978(昭和53年)
7月
不動産の賃貸並びに管理業務開始
1978(昭和53年)
7月
損害保険業開始
1982(昭和57年)
10月
京セラ株式会社代理店(宝飾品)
1988(昭和63年)
8月
社名変更(イタバシ株式会社)
1988(昭和63年)
11月
運送事業独立(マックスライン株式会社)
1989(平成元年)
8月
レンタカー事業開始(エックスレンタカーリース)
2002(平成14年)
9月
車買取・販売ネットワーク「スーパーオークション」開始
2007(平成19年)
12月
ファンタジスタ・ベイシア烏山店開設
2008(平成20年)
5月
エコエネルギー部発足
2010(平成22年)
8月
セルフ上殿SS 初の認証工場認定
2011(平成23年)
3月
エックスレンタカー小山営業所開設
2011(平成23年)
7月
東大和鈑金工場開設
2012(平成24年)
2月
本社事務所を移転(新宿区早稲田町79-2)
2012(平成24年)
11月
栃木鈑金工場開設
2014(平成26年)
10月
環境対応商材事業開始
2015(平成27年)
6月
セルフ下砥上SS開設
2015(平成27年)
7月
ローソン併設のセルフ北砂SS開設
2015(平成27年)
10月
ニコニコレンタカー那須塩原駅西口店開設
2015(平成27年)
12月
セルフ宮本町SS開設
2017(平成29年)
4月
セルフ石井町SS開設
2018(平成30年)
2月
本社事務所を移転(新宿区早稲田町84-4)